ヨガヨガ!

ヨガマットって必ず必要なの?

ヨガを行う映像を見ると、ほとんどの場合でマットを敷いて行っています。
ヨガを行う時には必ず必要なものなのでしょうか。
結論としては、必ず必要なものではありません。
しかし、使うことで効果があるからこそ、使っている人が多いものなのです。
ヨガを行う場所はスタジオの固い木の床だったり、自宅の畳の上や屋外の芝生の上など、様々な場所があります。
その場所によって地面の固さなどが変わってきたり、その固さによって痛みを感じてしまうことがあります。
マットを利用する点は、そのクッション性にあります。
気持ちよくポーズをとるために、痛みなどを感じない、また床面からの冷たさを和らげてくれるものがあると集中できます。
また、地面の状態にかかわらずしっかりと手足を支えてくれるグリップの役割があるため、滑りません。
滑ると力が逃げてしまい、効果的にポーズを行うことができなくなってしまいます。
また、汗を吸い込んでくれる効果もあります。
マットを選ぶ際には、自分の好みに合った厚みを選ぶと良いでしょう。
携帯用には荷物にならないように薄めのものを、自宅に置いておいて使うものは厚めのもの、というように、行動に合わせて使い分ける方法もあります。

ヨガを行なうのに最適なマットの選び方

ヨガを行なう際、最適なマットを選ぶことでより快適に実践が しやすくなります。
ヨガマットには薄めのものから厚めのものまで、さまざまな種類のものがあります。
ここでは、薄めのもの、標準的なものと厚めのものの3種類を見ていきます。
選ぶ際には、床との接触面からのズレにくさが重要です。
床からズレにくい方が、バランス系のポーズが安定するからです。
また、床の固さをどれだけ和らげることができるかも重要です。
なぜならば座位や仰向けで腰、背中やお尻の骨が当たるポーズを行なう場合、 床の固さが伝わりやすいものだと単純に痛いのです。
そのためできるだけ衝撃を吸収してくれるものの方が負担が低くていいです。
1:薄めのもの 生地の厚さが3mm以下のものです。
生地が薄いので床の固さが伝わりやすいのがこの厚さのデメリットです。
しかしその薄さのおかげで思いの他、軽くて持ち運ぶのに最も適しています。
旅先や移動先などで気軽に行ないたい時に便利です。
2:標準的な厚みのもの 生地の厚さが3~7mmのものです。
特に6mmのものが最も普及しています。
実践していて厚過ぎず薄過ぎずで、 皆がちょうどいいと感じる厚みといえます。
まず一つ目で迷ったらこの厚みを選ぶのが良いでしょう。
3:厚めのもの 生地の厚さが7mm以上のものです。
座位や仰向けのような骨が当たるポーズを行なうのに向いています。
生地が厚いので、床からの衝撃を最も和らげてくれます。
自宅で本格的にじっくりやりたい人に最適な厚みといえます。
このようなことに注意してヨガマットを選ぶことによって、 快適にヨガを実践できる環境を自分で整えることができるのです。

pickup

東京で下肢静脈瘤の治療を考えている方はおまかせください

東京 下肢静脈瘤

ホームページ制作の依頼を名古屋で検討中の方はご連絡ください

ホームページ制作を名古屋で依頼する

審美歯科からインプラント、予防歯科や小児歯科まで対応しております。

武蔵小杉の歯医者

ビットクラブを活用した投資の情報を掲載しています

ビットクラブ

西永福駅より徒歩3分・永福町の西永福商店街入口に開院の歯科

永福町 歯科

胎教で子供の選択肢を増やすことが可能です。

胎教

Last update:2018/9/13