ヨガヨガ!

ヨガのポーズについて

ダイエット効果や骨盤矯正、足ヤセなどさまざまな効果が期待出来るヨガには沢山のポーズがあります。
今回はその中から簡単なものを紹介していきます。
まずは便秘や腰痛に効果のある赤ちゃんのポーズです。
お腹の贅肉はお腹の筋肉が減っている可能性があるため、お腹全体や下腹の筋肉を引き締めていきます。
仰向けになりお腹の上で手を組み、ゆっくりと深呼吸を数回します。
息を吐きながら両膝をお腹のあたりまで上げ両手で抱え込みます。
そしてもう一度深呼吸を数回行い、息を吐きながらさらにお腹に脚を引き寄せます。
下半身ヤセと消化能力向上のヨガもあります。
これは三角のポーズといい、腰痛などの予防になります。
既に腰痛を感じている場合にはお控えください。
立った状態で左足を大きく後ろに引き爪先を外側に向け、右手が右足の横に置きます。
上体は起こしたままでゆっくりと息を吐きながら左手をてん外側から天井に向けてまっすぐ伸ばして30秒維持します。
そしてゆっくりと左手を戻し、右側も同じように行います。

ヨガのポーズをとる際に大切なことは

ヨガのポーズをとる際に、完成形に近づきたいがあまりつい無理をしてしまう方は多いのではないでしょうか。
確かに美しいポーズはヨガをする人であれば目標とするところでしょう。
しかし、ヨガでは、姿形をまねすることが目的ではありません。
大切なのが、その人が気持ち良く体を使えていることと、その際の呼吸法です。
無理をしてその形を作ろうとすると、体を痛めてしまうことにもなりかねないため注意が必要です。
そのため、どんな時でも自分が「気持良い」と感じるところでストップすることが大切です。
目安としては、体に痛みが出ている、呼吸がしづらい、といった症状が現れた時です。
例えば、前屈をした際に気持ち良く太ももの裏が伸びていれば良いのですが、痛みが出るほど伸ばしていたら、気持ちよく伸びているところまで戻します。
体をひねっていて、楽に呼吸ができていればOKですが、呼吸が苦しいようであれば気持ちよく呼吸ができるところまで戻す、という風にです。
深い呼吸をしながら気持ち良くヨガを続けていれば、いずれ自然に体が柔らかくなり美しいポーズがとれるようになります。
形ありきでなく、続けていたら形がついてきた、というのが理想です。

Valuable information

堺市 歯医者

2017/9/29 更新