ヨガヨガ!

ヨガウェアを選ぶときのポイント

ヨガでは、全身を動かしさまざまなポーズととるため、どんな動きにも支障のないウェアを着用することで充実したヨガ時間を過ごすことができるでしょう。
前かがみになったときに胸が開くことが気になったり、前屈のときに背中が出てしまったりすることも気にならないヨガウェアの選ぶことが大切です。
専門のヨガウェアもありますが、スポーツショップでなくてもデパートで購入できるものでぴったりのものを選べます。
上はタンクトップ型で下着を付けなくてもバストパットが入っていて一枚でさらっと着られるものや、肌にぴったりとした素材で着心地が良いもの、下はレギンスタイプでお腹や背中がきちんと隠れるハイウェストのものがおすすめです。
そして一番大切なのは、汗をたくさんかくため吸水性に優れている素材を選ぶことです。
それぞれのスタジオで着用するものに決まりはありませんが、本人が着ていてレッスンに集中できるものであるということがとても重要です。

ヨガウェア選びのコツ

ヨガをする際にどんなウェアを着ればよいのでしょうか。
ヨガでは、特に決まったウェアの形はありませんが、より楽しむために選び方のコツを紹介します。
まず、ダイナミックな動きの邪魔にならないような服選びが基本となります。
ぴったりと体にフィットしている場合は特に伸縮性の高い素材であることが大切です。
トップスで意外に気になるのが肩まわりです。
腕を大きく動かすポーズが多いので、半袖であっても服が動きの邪魔になることがあります。
タンクトップやキャミソール型か、肩まわりがゆったりとした服がおすすめです。
また、逆転のポーズの際にすそがゆるい服だとお腹が出てしまうことがあります。
お腹にフィットしてめくれないタイプや長めでずり上がってこないものを選びましょう。
ボトムスはパンツタイプで足が大きく動かせるものであれば良いでしょう。
シンプルなパンツ、ガウチョ、スパッツにショートパンツを重ねるなど自分の好きなスタイルを楽しんでみてください。
また、ヨガは思った以上に汗をかくため、ウェアの素材がとても大切です。
吸湿性・通気性が高いものがおすすめです。

おすすめWEBサイト 5選

エステサロン 横浜

Last update:2017/9/29